ダイビングポイントのご紹介

ダイビングポイント名:ブルーキャニオン

ポイントまでの移動時間:ボートで25分
水深:船の下は7mくらい。最大18m
レベル:中級~
時期:夏場に行きやすい。
見所:テーブルサンゴ大群生!地形、ウミガメ、青い海。

2016年開拓のオリジナルポイント!
風が南風の時期にしかいけないポイント。
青い海に浸かる。。。最高の浮遊感を楽しめる。
リーフのテーブルサンゴの群生も元気で地形も楽しく、ワイドに潜る奄美の海。大物遭遇も期待できるぞ!

ダイビングポイント名:アマミノスエ

ポイントまでの移動時間:ボートで8分
水深:船の下は3m。最大で20m
レベル:初級~
時期:通年。冬場はたまにクローズ。
見所:これでもかー!!!というマクロ生物、美しい所にいる被写体。

これまた2016年開拓のオリジナルポイント。
アマミノスエは内湾性の生物をこれでもか!というほど楽しめるマクロポイント。
レアもの、セダカカワハギやイッポンテグリなどとの遭遇も期待しつつ、普段からマクロの被写体には事欠かない。
世界最大のナマコ、クレナイオオイカリナマコも良く観察できる。

ダイビングポイント名:イーストブルー-サンゴジャングル-

ポイントまでの移動時間:ボートで10分
水深:最大5m
レベル:初級~
時期:通年。特に夏場に行きやすい。
見所:見事なエダサンゴの群生、スズメダイ、チョウチョウウオ

鮮やかなサンゴ礁!

究極のいやしポイント!

2015年秋に開拓したオリジナルポイント!
湾内にも、ここまで綺麗なサンゴ群生があるのか!ととても感動した、思い入れの深いポイントです。
ずーーっと続く、サンゴの群生を泳ぎ、究極の癒し時間を楽しんでもらいます。

ダイビングポイント名:バベル

ポイントまでの移動時間:ボートで10分
水深:最大25m
レベル:初級~
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。。
見所:フィッシュウォッチング、マクロ生物の豊富さ
主なダイビングの目的:アマミホシゾラフグのミステリーサークル(3月から6月)、フォトダイブ、生物観察、マクロダイビング。

水深5mからなだらかに斜面が続き、水深25mまで落ちている。
深場にはマニアックなハゼが多く、水深15mまではヒレナガネジリンボウやヤシャハゼ、イソコンペイトウガニ、ハタタテハゼなどのマクロ生物が沢山。
フォト派を飽きさせないポイントである。

4月から6月では、奄美大島でしか観察出来ない、アマミホシゾラフグのミステリーサークルが観察出来ます。

ダイビングポイント名:大仏サンゴ

ポイントまでの移動時間:ボートで15分
水深:最大18m
レベル:初級~
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。
見所:巨大コモンシコロサンゴの群生、ハナゴイの群れ、砂地の共生ハゼ
主なダイビングの目的:生物観察、フォトダイビング。

日本で最大級のコモンシコロサンゴ!
大仏の頭に見える事から「大仏サンゴ」と名付けられました。
ハナゴイが群れる景観が美しい。
パワースポットとして願い事を叶えてくれるという噂も。。
砂地のハゼダイブもおすすめです。

ダイビングポイント名:みるきーサンゴ

ポイントまでの移動時間:ボートで5分
水深:最大25m
レベル:初級~
時期:通年。特に夏場に行きやすい。
見所:湾奥の生物、泥地のハゼ、タンザクハゼ、カメ、サンゴの群生

2016年初期に開発したホヤホヤのポイント!
浅場はサンゴの群生やウミガメ、ウミウシ。
深場におりるとミルキーな砂地にハゼがうじゃうじゃ!
タンザクハゼが水深25mでたくさん見れる!
マニアにとっては素晴らしいポイントなのだ!

ダイビングポイント名:漁礁

ポイントまでの移動時間:ボートで15分
水深:最大33m
レベル:上級(Deepスペシャルティ保持orアドバンス以上)
時期:通年。だが透明度が夏は落ちやすいので
特に北風の緩い日の秋、冬がおススメ。北風が強い日は厳しい。。
見所:キビナゴ、カンパチなど群れ!!!そして湾内でも大物が狙えるポイント。

龍郷湾内の真ん中にあるコンクリート漁礁!
水深30mにある漁礁にビックリするほどのキビナゴ大群!
それを狙ってカンパチが居着いています。
あとは運次第ですが、マダラトビエイとの遭遇に期待!
水深がずっと深い為、上級ダイバーのみご案内となります。

ダイビングポイント名:サニーパラダイス

ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大18m
レベル:初級~
時期:夏場に行きやすい。
見所:プチサンゴの群生、フィッシュウォッチング、フォト派ダイビング、癒し
主なダイビングの目的:ウミガメみたいぞ!ゆっくり写真撮りたいぞ!

のんびりゆっくり潜るサンゴの群生。時にはカメと出会える。
そんな幸せなポイント。
キホシスズメダイも群れていて、魚影も濃い中、マクロ生物を観察します。
パラダイスの名前の通り、様々な生物が観察できるので生物好きにはたまらないポイントですよ~!

ダイビングポイント名:サンドパラダイス

ポイントまでの移動時間:ボートで10分
水深:最大25m
レベル:初級~
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。。
見所:砂地の地形、フィッシュウォッチング、マクロ生物の豊富、甲殻類!
主なダイビングの目的:フォトダイブ、生物観察、マクロダイビング。

砂地の斜面に小さなサンゴや岩が点在し、そこにマクロ生物がざくざく。。
春はオドリカクレエビ、夏はニシキフウライウオ、秋・冬場になるとコガラシエビなどが出る。
甲殻類好きやフォトダイブにもってこいのポイント。
マクロ派にとってパラダイスの様な砂地なので、サンドパラダイス!

ダイビングポイント名:山本スペシャル

ポイントまでの移動時間:ボートで12分
水深:最大14m
レベル:初級~
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。。
見所:フィッシュウォッチング、マクロ生物の豊富さ、クマノミ5種類
主なダイビングの目的:癒しダイビング、フォトダイブ、生物観察、マクロダイビング。

水深10mと14mに2つ根があり、岩場にはクマノミが5種類。
1回のダイビングでは回り切れないほどに充実した生物層が人気のポイント。
ケラマハナダイが群れる根はいつまでも居たくなるような、のんびりした時間が流れています。

マクロ生物をじっくり観察するのにもってこいのポイントです。
水深5mから被写体がうじゃうじゃなので、何回潜っても飽きないよ。

ダイビングポイント名:ハナゴイ

ポイントまでの移動時間:ボートで15分
水深:最大12m
レベル:初級~
時期:夏場に行きやすい。冬場はたまにクローズ。
見所:サンゴの群生、デバスズメダイの群れ、透明度、群れ、コブシメ
主なダイビングの目的:癒し、まったりダイビング、生物観察、フォトダイビング。

湾内で1番透明度が良いポイント。
水深3mにユビエダハマサンゴの群生、
水深10mに美しい砂地、12mにパラオハマサンゴの群生。
水深で景観が変わり、ゆっくりと水中を回って癒されるのもよし。

ダイビングポイント名:ミドリヤ

ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大12m
レベル:初級~
時期:秋に行きやすい。冬はクローズが多い。
見所:エビカニパラダイス。
主なダイビングの目的:甲殻類、癒し、まったりダイビング、生物観察、フォトダイビング。

エビ天国と呼んでいる根があり、
びっくりする程にエビが居着いています。
人気種のバイオレットボクサーシュリンプ、ホワイトソックスも居着いている。
夏は透明度が落ちるのであまり行かないが、
秋になるとおススメのポイント!

ダイビングポイント名:プチフィッシュ

ポイントまでの移動時間:ボートで13分
水深:最大8m
レベル:初級~
時期:夏に行きやすい。冬はたまにクローズ。
見所:癒しの根と砂地。
主なダイビングの目的:癒し、まったりダイビング。

水深8mの砂地にポツンとある根
そこにヨスジフエダイやスカシテンジクダイが群れています。
ずーっとその根で遊ぶので、時間を気にせず写真を写せるポイント。
癒しの時間を過ごすポイントです。

背景がきれいな場所も多く、マクロのフォト派におススメです。

ダイビングポイント名:インオアシス

ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大20m
レベル:初級~
時期:夏に行きやすい。
見所:透明度。根の魚の群れ。マクロ生物。
主なダイビングの目的:外洋の透明度、マクロ生物、魚の群れ。

水深6mのリーフから水深20mにおりると美しい砂地が広がっています。
そこにポツンとある根に魚がたっぷり!!
マクロ生物も多く、群れも楽しめる素敵なポイント。

ダイビングポイント名:アサヒガーデン

ポイントまでの移動時間:ボートで25分
水深:最大24m
レベル:中級~
時期:夏に行きやすい。
見所:透明度。根の魚の群れ。甲殻類、ちょこっと地形、マクロ生物。
主なダイビングの目的:外洋の透明度、地形、マクロ生物、魚の群れ。

ダイビングポイント名:ハーズン曽根

ポイントまでの移動時間:ボートで25分
水深:最大25m
レベル:初級~
時期:夏に行きやすい。
見所:カスミチョウチョウウオ!。
主なダイビングの目的:外洋の透明度、魚の群れ。群れの写真撮りたい。

トップの水深が6mで、潮当たりも強くない為、のんびりと潜れるのが嬉しい群れのポイント。
カスミチョウチョウウオが多く群れているので、じっくりワイド写真を撮りたい方におススメです。
夏場はキビナゴも多く、楽しいですよ~~

ダイビングポイント名:デッショ

ポイントまでの移動時間:ボートで30分
水深:最大40mまで
レベル:初級~
時期:夏に行きやすい。
見所:カスミチョウチョウウオ、群れ、ディープなハゼたち、地形。
主なダイビングの目的:群れ、外洋の透明度、ハナダイ、ディープなハゼに会いたい。

トップは水深8mのカスミチョウチョウウオが群れる根。
エントリーした瞬間、広がる景観。
ドロップオフを降りていくとスミレナガハナダイ、アカモンガラが群れている。
さらに水深を落とすと深場のハゼがたくさん。
今すぐ潜りたいポイント。
潮当たりが良い日は大物もたまに出るのだ~~

ダイビングポイント名:ヤニーシーズン

ポイントまでの移動時間:ボートで20分
水深:最大20m
レベル:初級~
時期:夏に行きやすい。
見所:癒し、地形、ソフトコーラル
主なダイビングの目的:外洋の透明度、ウミガメに会いたい、ハナゴンベ見たい。

水深5mのソフトコーラルが綺麗なリーフにハナゴイとキホシスズメダイ、アカヒメジが群れ泳いでいると気持ちいい。。
ウミガメも出会えることがあり、リーフをのんびり探索しているとクマノミが固まって暮らしている場所があり癒される。
リーフの外に出ると一面の砂地が綺麗で、崖にはハナゴンベが住み着いています。

ダイビングポイント名:うきうきラブラブ

ポイントまでの移動時間:ボートで30分
水深:最大18m
レベル:初級~
時期:夏に行きやすい。
見所:地形。
主なダイビングの目的:地形を楽しむ

地形を楽しむならもってこいのポイント。
エントリーするとすぐにトンネルがあり、進んでいくと美しい砂地に出る。
その後はクレパスを通り、アーチを通り…
【祈りの間】と呼ばれるクレパスや【懺悔ホール】と言う場所もあり、色々楽しめるポイントなのだ!

ダイビングポイント名:ギフト

ポイントまでの移動時間:ボートで35分
水深:最大40m
レベル:中級~
時期:夏に行きやすい。
見所:ドロップオフ、群れ、ハナダイ、ハナゴンベ。
主なダイビングの目的:群れ、フィッシュウォッチング。
水深15mから30mまで下りている崖には
ハナゴイとハナゴンベ、スミレナガハナダイが群れている。
面白いポイントなのですが、何となくデッショにいつもいってしまい、
なかなか潜らないポイントなのである。。。

ダイビングポイント名:イエローコーラルガーデン-心で感じろ!奄美の海を、みのり-

ポイントまでの移動時間:ボートで15分
水深:最大8m
レベル:初級~
時期:通年行きやすい。冬場はたまにクローズ。
見所:サンゴの群生圧巻!!
主なダイビングの目的:水中景観、癒されたり。サンゴを楽しみたい。

エントリーした瞬間からエキジットするまでサンゴの群生が圧巻!
黄色いサンゴが多く、黄色い生物が多く、ウミウシまで黄色い。
だからイエローコーラルガーデン。
美しいサンゴと、砂地を見て、奄美の海を感じてほしいです。