台風5号が近づいておりますゆえ、

ボートはやめておき、風があたらないビーチでのんびり潜ってきました。

外耳炎から実に9日ぶりの海の中。

 

潜れる喜びをかみしめながら、毎年来てくれるパイセンのショップ、

兵庫県加古川からKANAUのみんなをガイドさせてもらいました!

先月から2か月続けてのツアーーありがとうございます~~

 

3

photo by KANAU河口さん

1本目からいきなり感動的なシーンに遭遇。

タコの交接です。♂が手前で、にょろーーーーっと腕を伸ばし、奥の♀に卵を渡しているシーンです。

今日も海は愉快。

1

photo by KANAU河口さん

倉崎ビーチにひさしぶりに入ったのですが、ヤシャハゼが水深12m。

やっぱりこのビーチはすごいなぁ。同じ水深にヒレナガネジリンボウも生息しています。

この夏の時期は、ハゼの警戒心が薄く、コトブキテッポウエビとの2ショットも狙いやすい。

2

photo by KANAU河口さん

倉崎ビーチと言えば!ですね。

今日は幼魚、成魚、成魚なりたて、と大盤振る舞いでございました。

水深5m!せっしやすうーーーーー

 

2本目は少しコースを変えて、たまに紹介する、力強いサンゴの元へ。

4

photo by KANAU河口さん

このサンゴ、確か、3年か4年前の台風で倒れたんです。

その後も力強く生きていて、 自然の逞しさを感じる場所。

5

photo by KANAU河口さん

そんな素敵な場所で、200本を迎えたRちゃん!

 

3本目は、湾のさらに奥へ。

7

photo by KANAU河口さん

何か月か前にカツキが見つけて以来、ずっとお世話になっている

通称ピグミーシ―ドラゴン。学名キオネミクティス・ルメンガニィ。

何回書いても覚えられない名前だけど、1度見たら忘れられない可憐さ。

水深12m。

 

6

photo by KANAU河口さん

水深1mです。

エキジット間際まで、水中世界のドラマは見逃せない。

 

水中に落ちたタイヤの中に、卵を産み付け、それを守る為に僕らダイバーを威嚇してくる

ダンダラスズメダイです。

ごめんね、お邪魔して。

 

 

ビーチめっちゃおもろいねん。

 

ふるた

★世界トップのガイド会所属★

ネバーランド古田直基24日更新中★

ガイド会【世界の海ブログ】もご覧ください。

今回のテーマは・・・「サンゴの産卵あれこれ

 

★本日の奄美大島★

天気…くもり時々雨

最高気温…30℃

最低気温…27℃

海中水温…26℃

透明度…・・・15m

オススメスーツ…5mm+フードベスト