2

今日の午前中は、

1年間の内、10回も無いであろう、わたしがシュノーケル担当の日でした。

ウミガメが居るか心配でしたが、良かった、良かった、の午前中。

1

ハリセンボンの群れは相変わらず群れ群れです。

いつかここで、産卵を見てみたいなぁ。

 

午後はファンボートへ。

湾内でじっくりと。。。

 

ヒレナガネジリンボウというハゼ。

6

奄美では普通種と言っていい存在で、しかるべき場所に行けば良く観察が出来ます。

色々と、個体差があって、時にこのように

5

ヒレが短い個体が居たりすると、ふふっとなります。

ヒレミジカネジリンボウやん!?とね。

 

ハゼとエビが共生するのは、多く知られています。

時に、エビはハゼの身体をこうしてクリーニングする事もあるのです。

 

家を作って、住まわせてるハゼの身体も掃除して・・・

エビって何て働き者なの。

ハゼはハゼで、重大な見張りという役割を担っている訳で、

決して仕事をしていない訳では無いはずだ。

3

気配を消して、そぉーーーっとスローモーションで、息を吐くのも、こそぉーーーーっと

すると、この様に近寄らせてくれる日もある。

 

日もある、というのが大事で、

ダメな日もある。

 

その日その日、海に寄り添って観察しやすい生物を観察するのが大事だなぁと、

改めて思った1日でした。

 

ふるた

★世界トップのガイド会所属★

ネバーランド古田直基24日更新中★

ガイド会【世界の海ブログ】もご覧ください。

今回のテーマは・・・「サンゴの産卵あれこれ

 

★本日の奄美大島★

天気…曇り

最高気温…29℃

最低気温…23℃

海中水温…26℃

透明度…・・・20m

オススメスーツ…5mm+フードベスト