水温が25℃になる日も多くなり、

いよいよ生物の産卵行動が活発になってきました。

来週はいよいよサンゴの産卵の予想日も控えています。

 

水中でも、あちこちで生物たちのドラマが。

3

photo by はるかちゃん

シマキンチャクフグの産卵です。

岩にお腹をこすりつけて産卵をしている姿にメロメロである。

このフグは、産卵自体は短くて、5分くらいで終わってしまうので

観察出来る機会はそんなに多くない。

1年に3、4回くらいなので、とても幸福な気持ちになりました。

4

photo by はるかちゃん

ヤドカリ同士の、ヤドの取り合いです。

ヤドカリの速度からすると、空いている宿を見つけたら、何としてでもゲットしたいところなんでしょう。

なかなか熾烈な争いで、それがとても可愛らしいシーンでした~

6

photo by はるかちゃん

カクレクマノミ、卵を育てるの巻です。

クマノミたちの保育も盛り上がってきていて、イソギンチャクがめくれているところがあれば、

大体クマノミがたまごを隠しています。

イソギンチャクの毒がつかないよう、自分でイソギンチャクをめくっているクマノミの世話上手っぷりに注目です。

1

新しいサークルをつくるアマミホシゾラフグも観察が出来ました(*´ω`)

友達ショップに情報をもらって観察させてもらいましたーー。

ありがとう~~!

2

photo by  はるかちゃん

クマノミの幼魚とオドリカクレエビの幼体です。

チビ同士、同居するシーンに一同萌え萌えであります。

5

そんな素晴らしい日に100本を迎えた、

いつも来てくれるメグちゃん!

おめでとぉーーーっ!

 

ふるた

 

 

★世界トップのガイド会所属★

ネバーランド古田直基24日更新中★

ガイド会【世界の海ブログ】もご覧ください。

今回のテーマは・・・「適正ウエイトの話

 

★本日の奄美大島★

天気…雨

最高気温…24℃

最低気温…24℃

海中水温…25℃

透明度…・・・15m

オススメスーツ…5mm+フードベスト