多種多様。

奄美大島のダイビングポイントを表すのにぴったりな言葉です。

ミステリーサークルがある謎の砂地、

美しいサンゴ礁もあれば、外洋に出ればドロップオフの地形や洞窟ポイントも。

湾内は基本的に砂地のポイントが多いですが、エダサンゴがあるポイントもあったり。

 

そんな中で、奄美大島だけでしか見た事のない生物が2種類います。

一つはアマミホシゾラフグ。

 

もう一つは、これ。

4

ハゼは、コジカイソハゼと思われる、良くいるハゼですが、その周りに生えているこの白いケヤリ。

これが奄美でもこのポイントでしか見られなくて、ホントに一か所にしかない。

色んな場所に潜りに行きましたが、まだこのケヤリを他の地域で見たことが無いのです。

3

たたみ8畳分くらいの範囲に群生していて、生物たちが隠れ蓑にしているので、

生物をおどろかさないよう、もちろんケヤリを傷付けないよう、気をつけながら撮影します。

2

白いケヤリが絵になるので、ホントにずっと居れる。

あっという間にダイビングが終わってしまいます。

1

 

今日は休日だったので、ゲストにまじってフォトダイビングを楽しんできたのでした。

 

ふるた

★世界トップのガイド会所属★

ネバーランド古田直基24日更新中★

ガイド会【世界の海ブログ】もご覧ください。

今回のテーマは・・・「適正ウエイトの話

 

★本日の奄美大島★

天気…あめ

最高気温…24℃

最低気温…20℃

海中水温…23℃

透明度…・・・15m

オススメスーツ…5mmフードベストorドライスーツがオススメ