青い海につかる。

美しいサンゴ礁に癒される。

幻想的な地形を堪能する。

水中写真を撮る。

楽しみ方は、無限大にある訳ですが、

個人的にこれはホントにおもろいぞ!というのが、

魚たちの行動を観察する事。

 

 

会話が出来ない魚たちを観察するのは、答えが出ないからこそ、

奥深く楽しめるもの。

 

とりわけ、奄美大島の海でよくフューチャーされるのが、

アマミホシゾラフグ。

世界中で奄美大島でしか観察出来ないフグの仲間です。

 

このフグは、産卵期になると、砂地に巨大な産卵床を作る、独特の生態を持つことで

一躍有名になったフグ。

産卵床の正体が、初めはわからず【海中ミステリーサークル】と呼ばれていました。

 

奄美大島の南部で初めに見つかり、その何年後かに、北部でも見つかったのです。

ただ、産卵床(ミステリーサークル)は北部でも良く観察が出来ているのですが、

肝心のミステリーサークルを作っているところが、北部のポイントではあまり観察出来ない事が、

今まで心苦しかったわけですが・・・

 

最近になり、産卵床作りをしているフグがチラホラと観察できるようになってきました!

 

昨日、潜りに行くと・・・

7

おおおーーーーー!!!!

いるーーーー!!!作ってます!

もうすぐ満月。産卵に向けて頑張っているのだね。

その後、じーっと観察を続けていると・・・

6

遠くから加えてきたものは、貝殻です。

5

よいしょっと・・・

と言わんばかり。その行動たるや、究極にチャーミングです。

この貝殻は♀の為の【飾り付け】といわれています。

3

神経質に、産卵床の出来を確かめながら、一生懸命、作っていました。

1

こちらへの警戒も怠りません。

時には「あっちいけよ」と言わんばかりに向かって来ることもありました。

 

気が散ったなら、ごめんな。

 

 

これから北部でもたくさんこの行動が観察できると良いなあ。

リサーチを続け、ゲストにもお見せできるよう頑張りますよ~~

 

 

ふるた

 

★お知らせ★

①いよいよ新店舗で営業開始しております。

住所お間違え無い様ご注意くださいませ。

 

———————————

 

★世界トップのガイド会所属★

ネバーランド古田直基24日更新中★

ガイド会【世界の海ブログ】もご覧ください。

今回のテーマは・・・「力強い奄美の海

 

ー--本日の奄美大島---

天気…晴れのち雨

最高気温…27℃

最低気温…23℃

海中水温…24℃

透明度…・・・20m

オススメスーツ…5mm+フードベストor6.5mmがオススメ。

オススメの服装…長袖Tシャツ、ボート上はボートコート、上着があると快適