古見きゅうさんが月刊ダイバーで連載している

「古見きゅうのニッポン海めぐり」

 

そこに今月発売の11月号で、奄美大島にいらした時の写真、記事が掲載されました。

7月、実はとても緊張しながら出迎え、ガイドさせてもらい、

その自然に対する敬意を払った潜り方、撮影の仕方に感銘を受けた時のやつ。

 

ぜひ手に取ってご覧ください。

お店やっててよかったなと思う事、山ほどあるけど、

ネバーランド店舗が建った時と同じくらい嬉しかった・・・笑

 

 

さて、海はずいぶんと復活してきました!

透視度も15mを超えて来て、奄美らしさがもどってきたかなという所!

1

色々とみてきましたが、ゲストから人気だったのがこの子。

フタイロハナゴイです。

 

水深12mで観察できるのですが、

この美しいハナダイは、♀を産卵に誘う求愛時に全く別の魚のように色を変えます。

2

これがその婚姻色のフタイロハナゴイです。

婚姻色を出す多くの魚が、普段より美しくなりますが、フタイロハナゴイ程、衝撃を受けた魚はいなかったな。

 

 

あ、おじさんも衝撃でした。

オジサンという魚。

 

婚姻色は撮影しましたが、普段の色がまだ撮れていないので、またの機会に。

 

 

 

ふるた

★世界トップのガイド会所属★

ネバーランド古田直基24日更新中★

ガイド会【世界の海ブログ】もご覧ください。

今回のテーマは・・・「ときめき夏リアル★」

 

ー--本日の奄美大島---

天気…晴れ

最高気温…28℃

最低気温…24℃

海中水温…27℃

透明度…・・・15m

オススメスーツ…5mmがオススメ