本日の担当は、体験ダイビングコースがカツキ、スノーケルコースがユカ、ファンダイビングコースにがシン、という布陣。みんなが各々の持ち場で、それぞれの力を発揮しまくる一日となりました(^^♪

ファンチーム担当の僕がご一緒させていただいた方は、インド在住の日本の方。

インドではやはりイメージ通り、カレーばっか食べてるそうです。

ほぼ全ての食べ物がカレー味なんだそうです。

無類のカレー好きの僕としては、夢の国ですわ。カレーパラダイス。カレパラ。

そんなカレパラさん(仮名)とマンツーマンで2ビーチダイブのご案内。

1本目は手広ビーチへ。

長年住みついているという、アオウミガメに会いに行ってきました。

今日も相変わらずの接しやすさで、かわいいやつでした(^^♪

2

2本目は、倉崎ビーチ南へ。

このビーチ、風向きに合わせて北と南が潜り分けられる場所で、浅場から深場まで生物層も豊富ですし、体験ダイバーからベテランダイバーまで、幅広い方に楽しんでいただける、懐の深いポイントだと思っています。

潜れば潜るほど楽しさが増してくる、飽きのこないところで、一年中ここでイケるんじゃないかって思うくらいです。ハンバーグとかステーキのような派手さはないけれど、丁寧にとった上質な出汁で作ったお吸い物、みたいなポイント(^◇^)

1

そんな倉崎南でただいまイチオシなのが

「天然 ウミブドウ」。

シーグレープ、とか、グリーンキャビアと呼ばれることもあり、南島地方に行ったらもれなく食べたい食材のひとつですよね(^_-)-☆しかし、居酒屋さんや、お土産屋さんにある海ブドウは90%以上が養殖のもので、食用に天然の海ブドウがでてくる機会はまずないのです( ゚Д゚)

 

標準和名(ちゃんとした日本語の名前)は「クビレズタ」。

「ヅ」じゃなくて「ズ」が正しいようです。

 

まじかー、ぼくずーーーっと「ヅ」やと思ってたー( ゚Д゚)

だって漢字で書くと「括れ蔦」ですよ!

キーボードで入力するときも「つた」で「蔦」でしょ!!!

「つた」に濁音が入ったら「づた」じゃないのかーー!!!

「すた」で変換したら「須田」しかでてこーへんわー!!!

 

でも、標準和名は「クビレタ」。

はい、長い物には巻かれるタイプですので改めます(^^;

 

さておき、天然ものにお目にかかれるのはダイバーの特権と言っても過言ではないですし、なにより、キレイしかわいらしいし(#^^#)オススメです~

ちなみにこの時期から晩春頃までが旬のようですので、これからご来島の皆さんはぜひ一度( ^^) _旦~~

 

カレパラさんも、「へぇーーーっ」て喜んでくれたし。

良かった良かった!

 

そういえば、カレパラさん、インドでひたすらカレー食べてるって言ってたのに、今日のお昼ご飯カレー食べてたな(笑)無類のカレー好きの称号は彼に譲渡しようかな( ゚Д゚)

 

伸でした(@^^)/~~~

 

 

★移転のお知らせ!★

3月以降ご利用のお客様、ご確認下さいませ。

ネバーランド引っ越しのお知らせ。

———————————

★世界トップのガイド会所属★

ネバーランド古田直基24日更新中★

ガイド会【世界の海ブログ】もご覧ください。

今回のテーマは「奄美大島のサンゴの原生林

 

ー--本日の奄美大島---

天気…晴れ

最高気温…17℃

最低気温…13℃

海中水温…20℃

透明度…15m

オススメスーツ…ドライスーツ

オススメの服装…長袖長ズボン+パーカー

遊んだポイント…①手広ビーチ ②倉崎ビーチ南

---------------